東新住建のこと、調べてみました。

「木の家」の注文住宅で知られる東新住建について、まとめてみました。

最近の投稿

東新住建は土地探しから家の引き渡しまでをサポート

投稿日:2017年6月20日 更新日:

4

東新住建は住宅を建てたい方に、土地探しから始まり、設計、施工、引き渡しまでをサポートします。
徹底したスケジュール管理の下、顧客の要望にそった家づくりをしてくれるのが特徴です。
住宅は土地探しから始まります。土地は建物以上に大切なものです。住宅を建てる敷地は安全でなければなりません。
地震に対して十分な地耐力の確保、液状化をおこしやすい地下水位の高い砂質地盤を避けること、切土と盛土の境を避けることなどのノウハウを元に、自然環境と利便性を兼ね備えた敷地を探してくれます。
東新住建と街の不動産業者の探す物件の違いは、実際にその敷地に建てることを前提としているかどうかです。40年以上にわたる住宅建築の実績から、安心して暮らせる住宅の敷地を熟知している東新住建に土地を探してもらえば、問題は起こりません。

設計は社内の設計士を活用することもできますが、外部の建築家に設計だけを依頼する方法もあります。東新住建では、設計士の紹介もしてくれるので安心です。
特に、こだわりのある住宅を建てたい場合は、建築家の利用も効果的です。東新住建の施工は万全です。特に、地盤の状況がよくない場合は、独自に開発した砕石パイル工法により、安心できる地盤改良が可能です。地盤に不安のある場所では、砕石パイル工法が威力を発揮します。工事の途中では見学も可能です。
住宅の建築は個人にとって大きな事業です。建てる前には地鎮祭、骨組みが立ち上がれば上棟式を執り行い、神事を済ませて直会をすることは、日本の良き伝統です。

特に上棟式は、施主と実際に工事を行う職人が顔を合わせる唯一の機会です。施主にとってはどんな人たちが工事をしてくれているのかを確認でき、職人にとっては施主と会うことで、仕事の励みとなります。上棟が済めば、工事は順調に進みます。
引き渡しを受ける前には現場を確認し、疑問に感じた点を担当者と話し合います。施主と施工者が納得して工事を進めていきます。引き渡し時には設備関係の説明書や故障の時の連絡先を確認します。
疑問等があれば、早めに解消し、安心して住める環境とすることが大切です。カーテン類や照明器具などで、自分で手配する必要のあるものは、早めの手配が必要です。引き渡し後も定期的な点検が行われます。不具合は点検時に指摘することで、完全な住宅が出来上がります。東新住建は顧客の要望にそった家づくりができるようサポートしてくれています。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1

「家を作る」東新住建のコンセプト

注文住宅を多く手掛けている総合住宅メーカーの東新住建は「木の家」にポイントを置いています。東新住建のコンセプトについてまとめました。 「木の家」は地球環境に大きく貢献しているというコンセプトを持ってい …

9

東新住建はメゾネット型の賃貸住宅を提案します

注文住宅を手がける東新住建では、賃貸住宅の建設も手がけています。 そしてその中でもメゾネット型の提案をしています。その理由は一定の需要があることと、長い間家賃収入が確保できる点にあります。 メゾネット …

10

東新住建のアフターサービスは最長30年

東新住建は戸建住宅や賃貸住宅の設計や施工を得意とする建設会社ですが、アフターサービスの充実度が光ります。最長30年まで点検サービスを受けることができますから、長く住み続けているうちに不具合などの問題が …

5

東新住建の住宅は3mの天井高を実現

注文住宅を多く手掛けている総合住宅メーカーの東新住建は注文住宅を中心に展開している会社です。今は注文住宅でも建てたい人の思いが詰まった家に添うような形の物が増えてきました。建てたい人も自分でいろいろと …

7

東新住建が提供する都市型プライベートマンション「DUP」

東新住建は都市型のプライベートマンションDUPを提供しています。 これはメゾネットタイプの構造となるので、マンションでありながらも戸建て感覚で住めるものとなります。3階建ても用意されているので、2世帯 …