東新住建のこと、調べてみました。

「木の家」の注文住宅で知られる東新住建について、まとめてみました。

最近の投稿

東新住建の住宅は3mの天井高を実現

投稿日:2017年6月20日 更新日:

5

注文住宅を多く手掛けている総合住宅メーカーの東新住建は注文住宅を中心に展開している会社です。今は注文住宅でも建てたい人の思いが詰まった家に添うような形の物が増えてきました。建てたい人も自分でいろいろと調べて希望を膨らませているので、その希望に添ってくれるのはまさに我が家を立てる人には最高の家となります。
敷地面積が小さくても室内の天井高が高くなるほど、室内が開放的で広く感じるというメリットがあります。東新住建でも天井高3mを実現してくれます。

人は目線の高さで空間をとらえるので天井が高かったり、インテリアが低めの物で統一されたりしていると広いと認識する傾向を持っています。作り手である東新住建はそのことに着目し、少しでも広がりのある家を目指しています。特にリビングなど人が集まる場所は空間が広いと部屋が一回り大きく見える効果があります。そこに集まる人の心まで広がります。また、大きな窓を連続して配置する方法で光を多く取り入れることによる明るい部屋作りにも定評があります。部屋の奥まで光が届くように配慮された作りが魅力的です。さらにスキップフロアを取り入れたり、収納を増やしたり、家族が使いやすい部屋作りが可能です。天井が高いことで多くのメリットが生み出せ、オリジナリティのある家を作ることができます。東新住建のハイパネルと呼ばれる天井高を高くとった施工はこれからそこに住む人に安らぎの場を提供してくれます。

家は年々住む人の状態に応じて変化していきます。素敵な家は外観も大切です。東新住建では総タイル貼りの外観を提供してくれます。タイルは火に強いという特性を持っています。この他にもキズに強い、紫外線に強い、雨に強いという特性があります。傷みやすい外壁を管理しやすく、いつまでも丈夫な状態をキープできるものを使っているので、家のメンテナンスが少なくて済むという特長を持っています。もともとタイルは古代から使われていた素材です。ヨーロッパの古い建物が残っていることから考えてもタイルは年数を経ても丈夫さを保つことのできる素材であることがわかります。

家の外壁は人間の顔のようなものですから、そこがいつまでもきれいな状態であり続けることは、これも大きなメリットの一つです。この他、太陽光発電なども取り入れています。自宅で使う電力を太陽光から得ることができるので電気代にもかなりの違いが出てきます。天井高3mの家作りに東新住建も検討候補に加えてみてはいかがでしょうか。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

6

東新住建はW工法の家!液状化、地震の揺れを対策

日本では非常に高い頻度で地震を始めとする災害が発生しているため、それを対策すること無しに住宅を建てることはほとんど考えられないほどです。 さらに昨今では直下型で強い揺れを伴ったり、連続して揺れることが …

9

東新住建はメゾネット型の賃貸住宅を提案します

注文住宅を手がける東新住建では、賃貸住宅の建設も手がけています。 そしてその中でもメゾネット型の提案をしています。その理由は一定の需要があることと、長い間家賃収入が確保できる点にあります。 メゾネット …

4

東新住建は土地探しから家の引き渡しまでをサポート

東新住建は住宅を建てたい方に、土地探しから始まり、設計、施工、引き渡しまでをサポートします。 徹底したスケジュール管理の下、顧客の要望にそった家づくりをしてくれるのが特徴です。 住宅は土地探しから始ま …

1

「家を作る」東新住建のコンセプト

注文住宅を多く手掛けている総合住宅メーカーの東新住建は「木の家」にポイントを置いています。東新住建のコンセプトについてまとめました。 「木の家」は地球環境に大きく貢献しているというコンセプトを持ってい …

7

東新住建が提供する都市型プライベートマンション「DUP」

東新住建は都市型のプライベートマンションDUPを提供しています。 これはメゾネットタイプの構造となるので、マンションでありながらも戸建て感覚で住めるものとなります。3階建ても用意されているので、2世帯 …