東新住建のこと、調べてみました。

「木の家」の注文住宅で知られる東新住建について、まとめてみました。

最近の投稿

東新住建はW工法の家!液状化、地震の揺れを対策

投稿日:2017年6月20日 更新日:

6

日本では非常に高い頻度で地震を始めとする災害が発生しているため、それを対策すること無しに住宅を建てることはほとんど考えられないほどです。
さらに昨今では直下型で強い揺れを伴ったり、連続して揺れることがあったりしていて普通の耐震補強では耐えられないケースも増えてきています。
そこで東新住建では4.3倍のツーバイ工法と砕石パイル工法を組み合わせたW工法を用いて住宅を建築しています。ツーバイ工法とは家を線ではなく面で支える工法であり、1つ1つの丈夫な直方体を1単位として空間構成しています。ツーバイとは直方体の面の数である2×4から来ています。この工法により、住宅の地震の衝撃を分散することに成功しています。振動にただ耐えるだけならダメージの蓄積が発生してしまいますが、ツーバイ工法は分散してくれるおかげでダメージが溜まりづらく、高い持久力を発揮します。加えて横からの衝撃にも強いので台風や竜巻などにも強いという特徴があります。

東新住建では使用する部材や接合金物、釘の本数などを規格化しており、家の大きさに左右されない耐震性を実現しています。東新住建ではツーバイ方式の中でも特に強度が高く、国土交通大臣が認定している4.3倍のツーバイ工法なので安全性に万全を期していると言えます。W工法のもう1つの特許工法は砕石パイル工法です。
この工法は弱い地盤を掘削して天然砕石パイルを構築する工法であり、地中の支持力を高める効果があります。地震の際には液状化現象が起こってしまうケースがあり、それによって地盤沈下が発生することも珍しくありません。これは家の問題ではなく、地中の問題なのでいくら頑丈な住居でも防ぐことはできません。

しかし、この砕石パイル工法であれば地中の支持力を直接的に強化できるので液状化現象にも対処できます。これは東新住建の特許工法となっています。家の土台となる地盤に面積分の強度を保つ本数の砕石パイルを構築します。これらのW工法が生み出す耐震技術は単独でも高い効果を持っていますが、組み合わせることで、より一層の力を発揮します。そのあまりの頑丈さからシェルターハウスという名前が付けられました。
万が一、災害が起こった際には家から外へと逃げ出すのではなく、家に守ってもらうという感覚です。不用意に家の外へと避難することで事故に遭ってしまう恐れもあるので、家をシェルター感覚で使用できるこの住宅が非常に助けとなります。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2

東新住建の発電シェルターハウスオーダー「限られた予算で最高の住宅を」

昨今、日本列島では毎年のように大きな災害が起こっているため、家を建てる際の災害対策は必須ともなってきました。 しかし、災害においては洪水、断水、停電、火事、倒壊など様々な問題が重なり合って発生するので …

8

東新住建で家族スタイルの変化に合わせて間取りを変更

注文住宅を建設する際に、ひとつの課題となっていたのが間取り設計です。 家族スタイルに応じて必要な間取りは異なりますが、子供が増えたり独立したりすることで変化します。 そのために、どのようなタイミングで …

3

東新住建は宅地情報を無料で提供します

注文住宅の建設を手がける総合住宅メーカーの東新住建は、宅地情報を無料で提供しています。 というのも、家作りで最も大切な事は土地探しであることを熟知しているからです。 まず土地の形状によって、建設できる …

5

東新住建の住宅は3mの天井高を実現

注文住宅を多く手掛けている総合住宅メーカーの東新住建は注文住宅を中心に展開している会社です。今は注文住宅でも建てたい人の思いが詰まった家に添うような形の物が増えてきました。建てたい人も自分でいろいろと …

10

東新住建のアフターサービスは最長30年

東新住建は戸建住宅や賃貸住宅の設計や施工を得意とする建設会社ですが、アフターサービスの充実度が光ります。 最長30年まで点検サービスを受けることができますから、長く住み続けているうちに不具合などの問題 …