東新住建のこと、調べてみました。

「木の家」の注文住宅で知られる東新住建について、まとめてみました。

最近の投稿

東新住建はメゾネット型の賃貸住宅を提案します

投稿日:2017年6月20日 更新日:

9

注文住宅を手がける東新住建では、賃貸住宅の建設も手がけています。
そしてその中でもメゾネット型の提案をしています。その理由は一定の需要があることと、長い間家賃収入が確保できる点にあります。
メゾネット型の賃貸物件の特徴は、一階と二階を階段でつなげて戸建て感覚で住めるところです。そのために一般のアパートやマンションのような集合住宅で起こる音の問題に悩まされることがなくなります。そこで小さな子供がいる家族の需要を集めることになるわけです。上下に部屋がないので、子供が多少騒いだり走り回ったりしても、周りに迷惑をかけずに気を遣わないで済みます。
さらにある程度子供が大きくなるまで住み続けるので、空室となるリスクが少ない利点もあります。

このような観点から、東新住建では賃貸物件を建てる際にはメゾネット型を勧めるのです。さらに東新住建は環境に配慮した設計にこだわっています。そのために住む人の健康にも配慮していることで、長く借りてもらえることになります。
国産材を使っていることにも、東新住建のこだわりを感じます。日本は国産材の普及促進を進めていますが、その点にも貢献することになります。
外壁は総タイル張りとすることで、耐久性も高めています。メンテナンスも簡単で費用もそれほど必要としないので、末永く運用することができます。賃貸物件はいかに老朽化を防ぐかがポイントになります。
入居率にも影響がありますし、家賃金額も左右します。東新住建はメンテナンスにも力を入れているので、メゾネット型の賃貸物件も高い家賃金額を確保することで高い利回りを確保できます。木造住宅による建設となるので、費用もそれほどかからない点もメリットと言えます。利回りを高くするためには、建設費用を抑えることも大事です。

ただし建物も品質を確保する必要がありますし、どのような材料を使うかによっても耐久性は変わります。東新住建ではこの費用と品質のバランスが優れていることも特徴となります。不必要に予算をかけることなく耐久性の高い建物を建てることで、収益を確保することができます。
メゾネット型であれば需要も確保できるので、長期にわたって利益を得ることが可能です。土地を購入する際にもアドバイスを受けることができます。小さな子供を抱えるファミリー世帯が特に住宅を必要とするエリアを紹介してくれますし、予算に応じた適切な土地の手配もしてくれます。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

10

東新住建のアフターサービスは最長30年

東新住建は戸建住宅や賃貸住宅の設計や施工を得意とする建設会社ですが、アフターサービスの充実度が光ります。 最長30年まで点検サービスを受けることができますから、長く住み続けているうちに不具合などの問題 …

8

東新住建で家族スタイルの変化に合わせて間取りを変更

注文住宅を建設する際に、ひとつの課題となっていたのが間取り設計です。 家族スタイルに応じて必要な間取りは異なりますが、子供が増えたり独立したりすることで変化します。 そのために、どのようなタイミングで …

7

東新住建が提供する都市型プライベートマンション「DUP」

東新住建は都市型のプライベートマンションDUPを提供しています。 これはメゾネットタイプの構造となるので、マンションでありながらも戸建て感覚で住めるものとなります。3階建ても用意されているので、2世帯 …

3

東新住建は宅地情報を無料で提供します

注文住宅の建設を手がける総合住宅メーカーの東新住建は、宅地情報を無料で提供しています。 というのも、家作りで最も大切な事は土地探しであることを熟知しているからです。 まず土地の形状によって、建設できる …

1

「家を作る」東新住建のコンセプト

注文住宅を多く手掛けている総合住宅メーカーの東新住建は「木の家」にポイントを置いています。東新住建のコンセプトについてまとめました。 「木の家」は地球環境に大きく貢献しているというコンセプトを持ってい …